weblogeyecatch1.jpg

タグ「仙台」の一覧

仙台東照宮多くの国指定重要文化財がある仙台東照宮は伊達家守護神として、江戸時代から篤い信仰を集めています。御祭神は徳川家康公、仙台藩2代藩主伊達忠宗公が徳川家への尊崇と幕府への忠誠心を示すために創建したと伝えられています。
(2016年1月 3日に書いた記事をもとに写真を入替え再編集しました)


続きを読む

大崎八幡宮 拝殿権現造りの現存最古の建造物である大崎八幡宮は、桃山様式を代表する貴重な存在として昭和27年に御社殿全体が国宝に指定されています。仙台市青葉区に鎮座して、藩政時代から現在まで篤い信仰を集めてきました。

続きを読む

榴岡天満宮杜の都の天神さま「榴岡天満宮」は学問の神菅原道真公を祀る神社です。学問・安産・子育て・交通安全の御利益があります。
とても立派な御朱印をいただき、感動しました。

続きを読む

仙台総鎮守愛宕神社 御社殿青葉山の絶壁に沿って広瀬川の蛇行が続く最終地点付近にある愛宕神社です。神社付近の標高は約75m、仙台市街地を一望できます。伊達政宗ととも米沢から岩出山へ遷り、江戸時代に仙台へ移転しました。火の神様である軻遇土神(かぐつちのかみ)を祀り、火防鎮護、辰巳歳生一代守護のご利益があります。

続きを読む

宮城縣護國神社

仙台藩62万石の居城仙台城(青葉城)は青葉山の地形を生かした天然要塞です。東は広瀬川と断崖、西は原生林、南は南は竜ノ口峡谷に守られます。標高は約116mで、今も伊達政宗公の騎馬像が仙台の街を見守っています。
仙台城(青葉城)本丸跡に創建された宮城縣護国神社は、明治維新以降の諸事変や戦役における宮城県関係あるいは縁故のある戦死・殉難者、5万6千余柱を祀っています。

続きを読む

曹洞宗 金剛寶山 輪王寺北山五山(きたやまござん)は、旧仙台藩城下町北側の東西に延びる北山丘陵にある5つの寺院を指します。青葉城の鬼門を護り、奥州街道の関門としても仙台藩の北の守りとなっていました。散策したコース地図はあとから紹介します。

続きを読む

gon12DSC01555仙台市青葉区北山にある輪王寺は、奥州曹洞宗総録司、仙台城下曹洞宗四大寺主座であり、北山五山にも数えられています。曹洞宗の寺院で本尊は釈迦牟尼仏です。

続きを読む

青葉神社仙台藩祖伊達政宗公を祀る青葉神社は明治7年(1874)、東昌寺の境内に創建されました。政宗公の神号である武振彦命(タケフルヒコノミコト)と愛姫、家臣も祀られています。東昌寺は、仙台城下を町割りする際に最初に決定された場所と言われています。東昌寺初代住職は、政宗公の大叔父である大有(だいゆう)和尚でした。現宮司は、仙台藩家老白石城主片倉家の16代当主です。

続きを読む

仙台東照宮伊達家の守護神として江戸時代から信仰が続く仙台東照宮です。御祭神は徳川家康公、仙台藩2代藩主伊達忠宗公が徳川家への尊崇と幕府への忠誠心を示すために創建したと伝えられています。

続きを読む

gon1508DSC00045

ブラタモリ(2015年7月11日放送)『仙台~伊達政宗は「地形マニア」!?~』では、伊達政宗が築いた「四ツ谷用水」を取り上げていました。番組で取り上げた場所を中心に仙台市内を巡ってみました。
仙台散歩としましたが、長い距離は車で移動です。地図は最後に紹介します。

続きを読む

長年、中華そばで人気を博す「中華そば富士屋」(仙台市青葉区本町)に立ち寄りました。

中華そば 富士屋(仙台市青葉区本町)のチャーシューワンタン麺

続きを読む

仙台市宮城野区萩野町にある「牛たん萃萃(すいすい)」で牛タンセットをランチにいただきました。仙台市出身のお笑いコンビ「サンドウィッチマン」がテレビで紹介していたのを見て、いつか行ってみたいと思っていました。
gon01IMG_5588

続きを読む

「いたがき本店」(仙台市宮城野区二十人町)は2012年3月のリニューアル、同時にフルーツカフェがオープンしています。明治30年創業で、仙台では有名な老舗青果店です。
フルーツサンド

続きを読む

仙台といえば、まずはじめに思い浮かぶのが「広瀬川」に「伊達政宗」です。正月明けの寒風の中、仙台の広瀬川河畔を中心に散策してみました。 マップは最後に紹介します。
 広瀬川

続きを読む

仙台といえば、まずはじめに思い浮かぶのが「広瀬川」に「伊達政宗」です。正月明けの寒風の中、仙台の広瀬川河畔を中心に散策してみました。 マップは最後に紹介します。
 広瀬川

続きを読む

ブラザー軒(仙台市青葉区一番町)は明治35年(1902年)に仙台で創業した老舗です。当時、2階建ての洋風建築と西洋料理というハイカラさが評判で、大変繁盛したようです。昭和40年に横浜中華街から料理人を迎えて中華料理が始まったという歴史があります。
五目やきそば

続きを読む

ブラザー軒(仙台市青葉区一番町)は明治35年(1902年)に仙台で創業した老舗です。当時、2階建ての洋風建築と西洋料理というハイカラさが評判で、大変繁盛したようです。昭和40年に横浜中華街から料理人を迎えて中華料理が始まったという歴史があります。
五目やきそば

続きを読む


仙台市長町のオリジナルラーメンの店『まんみ』ザ・モール長町店で「五目焼きそば」を食べました。

『まんみ』は今から20年くらい前によく通っていたお店です。言わば青春の味?です。当時は仙台駅に近い名掛丁アーケード街の路地にありました。現在はザ・モール長町店と泉中央店の2店舗で営業しているようです。

当時は路地にありましたので小さな店舗でした。いつ行っても満席の人気店でした。私は「五目やきそば」をよく注文していました。「やきそば」と注文すれば、「五目やきそば」が出てくるほど看板メニューだったと思います。当時は白い麺を油で焼いて、麺に焦げ目が付いていたと思います。

今回はザ・モール長町のフードコートにある『まんみ』で思い出の「五目焼きそば」を注文しました。
gon101226 (2)


具だくさんの五目餡が掛けてあり、麺は茶色の細麺です。麺は油たっぷりに炒めてあるようです。この油が嫌な油っぽさではなく、味を引き立てるような飽きのこない油でした。餡は醤油の味が強いように感じました。油っぽい麺とよく絡めて食べると微妙に調和されて美味しいです。
五目やきそば


私は「五目やきそば」が好物の一つなのですが、好きになるきっかけはこのお店だったと思います。麺や具、餡の味など20年も経てば変わると思いますが、看板メニューとして変わらないコアな部分を感じながら味わっていただきました。


今度は泉中央店にも行ってみよう。当時の厨房やホールにいた人に会えるかな?

関連ランキング:ラーメン | 長町南駅長町駅


仙台市長町のオリジナルラーメンの店『まんみ』ザ・モール長町店で「五目焼きそば」を食べました。

『まんみ』は今から20年くらい前によく通っていたお店です。言わば青春の味?です。当時は仙台駅に近い名掛丁アーケード街の路地にありました。現在はザ・モール長町店と泉中央店の2店舗で営業しているようです。

当時は路地にありましたので小さな店舗でした。いつ行っても満席の人気店でした。私は「五目やきそば」をよく注文していました。「やきそば」と注文すれば、「五目やきそば」が出てくるほど看板メニューだったと思います。当時は白い麺を油で焼いて、麺に焦げ目が付いていたと思います。

今回はザ・モール長町のフードコートにある『まんみ』で思い出の「五目焼きそば」を注文しました。
gon101226 (2)


具だくさんの五目餡が掛けてあり、麺は茶色の細麺です。麺は油たっぷりに炒めてあるようです。この油が嫌な油っぽさではなく、味を引き立てるような飽きのこない油でした。餡は醤油の味が強いように感じました。油っぽい麺とよく絡めて食べると微妙に調和されて美味しいです。
五目やきそば


私は「五目やきそば」が好物の一つなのですが、好きになるきっかけはこのお店だったと思います。麺や具、餡の味など20年も経てば変わると思いますが、看板メニューとして変わらないコアな部分を感じながら味わっていただきました。


今度は泉中央店にも行ってみよう。当時の厨房やホールにいた人に会えるかな?

関連ランキング:ラーメン | 長町南駅長町駅


『炙屋十兵衛(あぶりやじゅうべえ)仙台エスパル店』で家族でお昼を食べました。

私が注文したのは土日祝日だけの得々セット(究極のミニ親子丼と牛たん炭焼き、ミニうーめんのセット)です。
gon101103 (2)



こちらのお店では地内地鶏を売りにしているようで、中でも「究極の親子丼」を注文している人が多かったです。この写真はセットの「究極のミニ親子丼」です。
IMG_1850


とろとろの卵で比内地鶏をとじた親子丼で、卵の具合と地鶏の味がマッチしていました。美味しい親子丼でした。牛タンの炭焼きは子どもが食べてしまったのですが、美味しかったようです。
gon101103 (4)


比内地鶏串焼きメニューの「極上レバー串焼き」に惹かれて1本注文しました。口の中でとろけるようなレバーでした。1本390円です。
gon101103



家族はカラ揚げの定食と比内地鶏でとったダシ汁で食べるおそばを注文していましたが、みんな満足だったようです。

関連ランキング:鳥料理 | 仙台駅あおば通駅広瀬通駅

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

  • 仙台東照宮
  • 遠野町家のひなまつり
  • 大崎八幡宮 拝殿
  • 榴岡天満宮
  • 仙台総鎮守愛宕神社 御社殿
  • 宮城縣護國神社
  • 富岡八幡宮
  • 萬年橋

月別アーカイブ

  1. 2019年3月 [2]
  2. 2019年2月 [11]
  3. 2018年12月 [3]
  4. 2018年11月 [4]
  5. 2018年10月 [2]
  6. 2018年9月 [7]
  7. 2018年8月 [2]
  8. 2018年5月 [2]
  9. 2018年4月 [2]
  10. 2018年2月 [3]
  11. 2018年1月 [5]
  12. 2017年12月 [2]
  13. 2017年11月 [1]
  14. 2017年10月 [1]
  15. 2017年9月 [2]
  16. 2017年7月 [1]
  17. 2017年5月 [2]
  18. 2017年4月 [2]
  19. 2017年1月 [1]
  20. 2016年12月 [1]
  21. 2016年10月 [4]
  22. 2016年9月 [4]
  23. 2016年8月 [1]
  24. 2016年7月 [2]
  25. 2016年6月 [1]
  26. 2016年5月 [3]
  27. 2016年4月 [2]
  28. 2016年3月 [5]
  29. 2016年1月 [3]
  30. 2015年12月 [4]
  31. 2015年11月 [2]
  32. 2015年10月 [4]
  33. 2015年9月 [3]
  34. 2015年8月 [4]
  35. 2015年7月 [2]
  36. 2015年5月 [4]
  37. 2015年4月 [2]
  38. 2015年3月 [2]
  39. 2015年2月 [1]
  40. 2015年1月 [4]
  41. 2014年12月 [1]
  42. 2014年11月 [3]
  43. 2014年9月 [1]
  44. 2014年8月 [5]
  45. 2014年6月 [2]
  46. 2014年5月 [1]
  47. 2014年4月 [2]
  48. 2014年3月 [7]
  49. 2014年2月 [1]
  50. 2014年1月 [6]
  51. 2013年12月 [10]
  52. 2013年11月 [7]
  53. 2013年10月 [6]
  54. 2013年9月 [10]
  55. 2013年8月 [3]
  56. 2013年7月 [7]
  57. 2013年6月 [3]
  58. 2013年5月 [8]
  59. 2013年4月 [10]
  60. 2013年3月 [4]
  61. 2013年2月 [13]
  62. 2013年1月 [5]
  63. 2012年12月 [9]
  64. 2012年11月 [1]
  65. 2012年10月 [1]
  66. 2012年9月 [1]
  67. 2012年8月 [1]
  68. 2012年7月 [4]
  69. 2012年6月 [6]
  70. 2012年5月 [4]
  71. 2012年4月 [1]
  72. 2012年3月 [8]
  73. 2012年2月 [8]
  74. 2012年1月 [4]
  75. 2011年12月 [10]
  76. 2011年11月 [9]
  77. 2011年10月 [10]
  78. 2011年9月 [8]
  79. 2011年8月 [9]
  80. 2011年7月 [8]
  81. 2011年6月 [19]
  82. 2011年5月 [16]
  83. 2011年4月 [1]
  84. 2011年3月 [6]
  85. 2011年2月 [18]
  86. 2011年1月 [20]
  87. 2010年12月 [15]
  88. 2010年11月 [20]
  89. 2010年10月 [34]
  90. 2010年9月 [11]

Powered by Movable Type 6.2.4